20160309
  忙しく時間がない、体力がなくなった、植物をどう扱っていいのか分からないなど、

なかなか庭の手入れが行き届かないともどかしさを感じている方、ご高齢のご両親の

庭をどうしようと 考えている方、当社にご相談ください。

 

 

 この木だけ、この面積だけ、この予算内で・・時間指定など、
 お客様のご要望に沿ったオーダーメイドな管理をいたします。
作業後に高額な請求となることがないよう、見積り、

 料金請求は明瞭明確にお伝えしますので安心してご依頼ください。


 

伐 採〜陽射しと風の庭〜

akiya_10 木を切る理由は・・・
「木が大きくなりすぎた」
「日当たり、風通しが悪い」
「木が枯れてしまった、腐ってしまった」
「台風がきたら倒れてしまいそうで怖い」
「お隣に枯葉が落ちる」  

「道やお隣の敷地に枝がはみ出て困る」
「庭を駐車場にしたい」

 などいろいろです。

大きな木、長く生きた木は風格があり、見るものに落ち着きを与えてくれるものです。
しかし、時が過ぎ、家族構成や周辺環境が大きく変化していく中で、
どうしても木と生活がうまく合致しなくなることがあります。
 家の近くに大木があり根が家の基礎に影響を与えてしまうこともあります。
 
長年一緒に過ごしてきた木を伐採してしまうのは忍びないと
思われる方も多いのですが、トラブルの元になる前に対処することが必要です。
残したいと思われる木は上手に活かし、不要な物だけ処分する。

どうするか一緒に考えましょう。


 

空き家、空地の年間管理〜安心しておまかせください!〜

akiya_11造園屋ならではの外回りの管理をしています。
転勤で富山を離れてしまう、実家が空き家になっている、入院や介護で少しの間留守にするなどお宅の外回りや空地の年間管理をしています。

人が住んでない家は劣化が早まるといいますが、庭もまた然りです。雑草はもちろん、庭木が大きくなりすぎたり、虫が出たり、落ち葉が堆積することでご近所に迷惑をかけることにもなります。また、植物が大きくなりすぎると防犯上もよくありません。庭木の剪定、除草、落ち葉や側溝の清掃を定期的にすることでそれらを回避することができます。

砺波造園が空き家管理でしていること
庭木の剪定、伐採   草むしり、草刈り、 落ち葉の回収   泥や落ち葉が堆積している側溝の清掃
古くなった門や塀の修理    お墓回りの清掃、花を供える      除草剤散布      防除

遠方に住んでいるお客様には施工前、施工後の画像を郵送またはメールにて報告いたします。

作業内容を確認後に料金のお支払をいただくという形態をとっておりますので安心しておまかせください。

 

works_akiya_bana


 

防 除〜心地よいクリーンな庭へ〜

akiya_04_1

気温が上がってくると虫たちの活動も活発になってきます。雨の多い富山の庭では湿度を考慮したお手入れが大切です。特に植物の生育が盛んな時期は、風通しが悪くなると葉面が乾きにくく、風がよどむために病害虫が発生しやすくなります。
食害する虫や病気が発生してしまい、大切に育ててきた木、思い出の木が枯れてしまうのは非常に悲しいことです。
 
砺波造園では樹木医と富山県農薬管理指導士が安全な薬剤管理をしておりますので、 各ご家庭に合った防除計画(樹木本数、散布回数、薬剤の種類)をお作りいたします。



 

 

除 草〜すっきり、気持ちのいい庭に〜

akiya_05

抜いても抜いても、刈っても刈っても生えてくる雑草たちにうんざりしていませんか?


 雑草が繁茂する時期はちょうど雨の時期や暑さが厳しい時期と重なっており、ついつい外に出るのも躊躇します。           気が付いた頃には草ぼうぼう状態でどこから手を付けたらいいのか分からない、なんてことも。
また雑草の密集は通風が悪くなり、蒸れて蚊やダニの発生が多くなりますので、早めの対処が必要です。



 

 砺波造園の雑草管理 
人力除草、機械除草 お庭の状況に合わせた方法で迅速で効率のよい作業を行います。
除草剤散布 状況に合わせ、一定基準の安全性のある薬剤を散布して除草します。

防草シート、砂利

人工芝

敷き詰めることにより光を遮り、雑草繁茂を抑制します。
グランドカバープランツ 美観がよく、乾燥や暑さに強いローケアで地面に広がる植物を植えます。


砺波造園では素早く綺麗な仕上がりをめざしています。
お気軽に見積もりをご依頼ください。

 

 

 

 

剪 定〜自然の造形美を楽しむ庭〜

akiya_06樹種に適した樹形に整え、枝葉の分量を調整する剪定は、風通しをよくし、木漏れ日がやさしく降り注ぐ心地のよい空間をつくります。

剪定は枯れた枝、病変がみられる枝や良好な生育を阻害する不要枝を鋏で外します。
見映えよくデザインするだけではなく、力強い枝ぶりを保ち、翌年に花や実がつくことを考えながら仕立てていきます。
枝を外したり、透かしたりすることは良好な生育を促進したり、木の勢い、美しさ、病気への抵抗力をつけるのに役立っています。

樹木の種類によって、正しい時期に正しい方法で正しい分量の剪定をすることがとても大切です。

 空間全体の美観とバランス、庭のスタイルと庭木の役割、
樹種の特性を理解した上で行わなければなりません。

ですから、職人の技術や経験が必要となります。

樹木の剪定は、剪定した直後の美しい姿も大切ですが、生育後の姿を見据えることも大切です。
生きている樹木は剪定の仕方、毎年一定の回数の剪定により手が掛かる量が少なくなります。
年を経るごとに景観が美しくなり、長期的な費用の軽減にもつながります。
ご予算、ご希望に沿った剪定のご提案をさせていただきますので、遠慮なくご相談ください。

 

 

 

芝刈り〜お庭に美しい緑の絨毯を〜

akiya_07すっきりと草丈を合わせた芝生は瑞々しく、靴を脱ぎ捨て裸足で歩き出したくなる美しさがあります。そして晴れた日には、芝生の上で寝転んで読書なんていかがですか?

生育期に芝刈りと施肥をこまめに行うことで、芝の葉の密度を上げ、美観を保つことができます。芝刈り以外にはエアーレーション(硬くなった土壌に空気を送り込む)、目土(根の生育のために土を入れる)、サッチング(土壌の通気性と水はけを改善する)をしてあげるとより効果があります。

芝生は非常に強い植物ですが、病気の発生や雑草が芝生内に紛れこむことがありますので、殺菌剤の散布やこまめな除草が必要となります。
手がかかりますが芝庭の美しい緑はそれを補ってあまりあるものがあります。

 

 

 

 

雪吊り、雪囲い〜富山の冬だからこそ美しく〜

akiya_08蒸し蒸しとした暑い夏が過ぎると、長かった日がだんだん短くなり、気温が下がり始め、落ち葉が舞う秋を駆け抜けると、あっという間に冬がやってくる富山。こたつを出して、ストーブに火を入れるように外の植物たちにも冬支度が必要です。

水気を含んだ重い雪で枝が折れないよう、事前に雪が積もる枝を外す剪定をしたり、雪の重さに耐えられるよう竹を組んで囲い作りをしたり、縄で吊ったりします。また、地面にマルチングをして地温が下がるのを防ぎます。

雪吊り、雪囲いは冬の寒さから樹木を守る先人の知恵であり、富山の伝統文化、風物詩なのです。
 
地面は固く花壇はからっぽ、樹木が葉を落とす冬の庭には花や緑の鮮やかさは見あたりませんが、木をしっかり支える雪吊りを見上げ、春待つ冬の庭の美しい景色を堪能しませんか?

 

 

 

 

施 肥〜葉色がはずむ庭〜

akiya_09青々とした芝生は美しく、生き生きと咲いている花は綺麗です。のびやかに枝を伸ばし、葉を茂らせる木はたのもしく、艶やかに実る果実は愛らしく美味しいものです。

植物の生育段階に応じ肥料を選び、その年の天候に合わせてタイミングをみながら肥料を与えます。肥料は花後の衰弱を防ぐ、夏の暑さ後、実がなった後の樹勢の回復、冬の寒さに耐性をつける、翌年の開花に備える、新芽を促す、などそれぞれの目的に応じて施します。人が栄養をとるように植物にも栄養というご馳走が必要です。花数を増やし、質良く元気にするためにも肥料は欠かせません。

しかし、植えつけたばかりで土の中に根が十分に張る前に肥料を与えすぎると根が傷み弱ってしまうことがありますので、タイミングと適切な分量で施すことが大切です。肥料の三大要素といわれる窒素、リン酸、カリを用途に合った成分含有のものを選んで与えます。

生き生きと瑞々しく元気に育っている植物を見ること、お客様がそれを見て喜んでいる姿を見ることは造園屋冥利に尽きると言っても過言ではありません。

 

works_akiya_bana